印刷方法について

オリジナル横断幕を激安製作する上で、その表面に名入れなどのデザインをプリントする場合、いずれかの印刷方法を用います。

こちらでは、それぞれの特徴を簡単にご紹介しております。参考までにご覧頂けましたら幸いです。

実際にオーダー作成を行われる際は、お客様の用途や制作枚数、ご予算、ご要望により、適切な製法をご提案させて頂きます。

オリジナル横断幕製作をより気軽に、そして激安価格でお楽しみ頂ける様、ご不明なことはお問い合わせ下さいませ。

シルクスクリーン印刷(顔料プリント)

シルクスクリーン印刷のメリットは、製版を行うことにより横断幕を大量枚数作成する際、コストを抑えて仕上げられる事です。

また、枚数が増えれば増えるほど、同一のデザイン(色数)であれば、単価を安く、格安にする事が出来る点も強みです。

一方、デメリットもこの製版を行うことにあり、横断幕や横幕の作成枚数が少なくなると、版代に多少の割高な印象を持ちます。

また、写真の様なフルカラーの再現が、コストの面で不得意であると言え、こちらも大きなマイナスポイントです。

横断幕に印刷を行う際、名前の由来にもなっているスクリーンにインクを乗せ、押し出す様に絵柄を生地へと表現していきます。

この時に使われるスクリーンは、デザインが象られた製版が行われたものであり、1色につき、1枚の版が必要です。

使用されるインクが顔料と呼ばれる、硬さを有した物なので、横断幕の生地内部に浸透せず、表面に乗る形で印刷されます。

顔料インクは耐光性に優れ、発色も良く、色鮮やかに表現される為、屋外用の横断幕をオリジナル作成する際にはオススメです。

また、幅広い素材にプリントする事が出来る為、手軽な激安制作が行え、応援用や販促用など様々な用途で重宝されます。

インクジェット(ダイレクトプリント)

インクジェットプリントのメリットは、その手軽さです。横断幕を1枚単位の少量枚数から、格安作成を行なうことが出来ます。

反面、大量ロットとなりますと、割高になるというデメリットがございますので、メリットを活かした製作を行って下さい。

またインクジェットは、写真の様なフルカラーを横断幕に再現する事が出来るため、オリジナル性の高い一枚が完成します。

家庭用のプリンターにも見られる製法で、インクを横断幕や横幕の生地に直接噴出し、正確なデザインを色美しく表現致します。

またインクを噴出してデザインを表現することは、製版の必要をなくす為、少量枚数での作成も激安で行えます。

インクジェット印刷は、溶剤系の顔料インクでプリントするので、屋外で使用される特注横断幕に向いた製法となっております。

スポーツ応援用をはじめ、フルカラー印刷を活かしたイベントや商店街などでの販促宣伝やPR活動に向いております。

昇華転写プリント

昇華転写プリントのメリットは、手軽さと安さです。製版の必要がなく、インクジェットの様に1枚から、激安作成が可能です。

美しいフルカラー写真の再現でも、単色の再現であっても、格安価格でオリジナル横断幕を制作する事が出来ます。

顔料インクではなく、分散染料インクを使用して、オリジナルデザインをインクジェットプリンタにより、転写紙に印刷します。

その後、デザインがプリントされた転写紙を横断幕生地の上に乗せ、熱ローラーで加熱する事で、インクを気化させます。

気化したインクは、横断幕や横幕の繊維の中にまで入り込み、固着、その結果、色美しい印刷を行います。

なお、デメリットの少ない製法に思える昇華転写プリントですが、使用可能な生地が限られており、化繊系のみとなります。

反応染め(本染め)

反応染めのメリットは、その耐久性にあります。長く使用する事で、より一層の味わいを生み出す特別な製法となっております。

反面、製作には相応の時間が掛かり、短納期を希望される場合には最も向きません。

また。染色を行える生地が綿のみであることは、風合いを生み出すポイントですが、作成の幅を狭くしております。

屋内のみで使用される、横断幕への印刷方法として特にオススメで、体育館や武道場などに設置される応援幕に最適な製法です。

反応染めという名前が示す通り、繊維内部にあるセルロースに特殊な溶液を反応させ、色付けを行います。

表面のみならず、生地の内部から染める為、洗濯にも強く、横断幕の裏面にまで、均一なデザイン表現が行えます。