仕立て方法一覧|横断幕を少数枚から大口まで印刷・作成を行っております。横断幕の印刷・作成のことなら何でもお任せ下さい。

横断幕工場
フリーダイヤル:0120-17-5151(平日 9:00~19:00/土日 10:00~18:00)
info@oudanmak.com

横断幕 仕立て方法一覧

強度UP | 補強に関する仕立て方法一覧

周囲カット とは・・・・

周囲カットの仕立て対象はポリエステルとビニール生地の2種類です。ビニール生地はカッターによってカットする簡単仕上げ。

一方のポリエステル生地はヒートカットと呼ばれる熱の力を利用した仕立て方法です。熱の力で生地を裁断。それと並行して融着し、ほつれ予防を行います。いずれも手間がかからず、低コストで行うことが可能なので、短期使用の横断幕に向いています。

なお、周囲カットで仕立てられた横断幕を屋外で使用する場合、他の仕立てと比べると、ほつれやすい傾向にあります。

周囲縫製(四辺縫製)とは・・・

周囲縫製はすべての生地で活用頂ける仕立てです。生地端を折り返して四辺すべてを縫製して、横断幕のほつれ留めを行います。

また、生地端に厚みをもたせることで、余計なたわみを防ぎ、張りを与え、横断幕に屋外でも使用可能な耐久性を与えます。

なお、綿生地でオリジナル横断幕を作成した場合、周囲カットでの仕立てが行えないこともあり、こちらの周囲縫製が標準の加工となります。そのため、仕立て方法への指定がない場合には、周囲縫製にてお見積りを行う旨、あらかじめご了承ください。

周囲ロープ縫込み とは・・・

周囲ロープ縫込みは周囲縫製を施す際に、折り返し部分にロープを通し縫込む仕立て方法であり、すべての生地で活用可能です。

横断幕制作に使用した生地にプラスして、ロープ1本分の耐久性が加わるため、大変丈夫な仕上がりとなり、例えば風の強い屋外に設置される場合でも安心してお使い頂けます。

オリジナル作成される横断幕を屋外への常設設置や強風地域での使用、高い頻度で取り付け取り外しを行うと言った状況でお使いになる場合には、周囲ロープ縫込み仕立てをオススメします。

風穴スリット加工 とは・・・

風穴スリット加工は横断幕の生地にスリットを入れて、風の通り道を作る仕立てです。強風の影響が懸念される地域で使用される場合、ぜひとも施して頂きたい仕立てとなっています。

風穴スリットがない場合、強い風を受けると横断幕の生地に強い負荷がかかるため、裂けてしまう可能性があります。それを風穴スリットによって負荷を軽減。横断幕を安全にお使い頂けます。

なお、風穴スリットはすべての生地で加工可能です。また、スリット位置はデザインとの兼ね合いもありますのでご相談下さい。

取付便利 | 加工に関する仕立て方法一覧

ハトメ とは・・・

ハトメは横断幕の取り付けを補助する加工です。生地に穴を直接あけてしまうと耐久性が著しく減少するため、金属製の輪を使い補強しつつ、機能性を向上させたものがハトメ加工になります。

オーダー制作された横断幕を各処で使用する際、ハトメにロープや紐を通して、柱やフェンスなどに固定します。これにより手軽な設置、手軽な回収をサポートします。

ハトメ加工はすべての生地、仕立て方法に使用可能なので、多くのオリジナル横断幕作成に施されています。

※ターポリンの場合、ハトメの色は金色になります

棒袋 とは・・・

棒袋はのれん制作などに良く見かける加工で、ハトメと同じく、横断幕の取り付け補助を行います。上下、あるいは左右の生地端を筒状に縫製。設置時、そこにロープや棒を通して使用します。

横断幕を点で固定するハトメと違い、左右の2辺を固定する棒袋は、優れた耐久性を与えるだけではなく、様々なシーンで扱いやすさを実感する加工となっています。

棒袋加工はあらゆる横断幕生地で行えます。また、イベント装飾や宣伝告知など屋内用、屋外用問わずお使い頂いております。

※上記以外の仕立て方法のご指定がございましたら
お気軽にスタッフにお申しつけ下さい。