横断幕のお手入れ方法

横断幕の設置形態

横断幕は、設置し続ける場合もありますが、定期的に使用する場合も多いです。また、着脱の頻度が多くなる場合もあります。その為、きちんとお手入れをして、保管する事がより長く、使い続けるコツだと言えます。

横断幕製作に使われる生地について

当店では、オリジナル横断幕作成に使用する生地としまして、綿生地と化繊生地の2種類を使用しております。用途や設置環境、設置期間などから生地を選ぶ事になりますが、綿素材である金巾や天竺、シャークスキンですと、プリント印刷が行われる際に染色を行う場合もあり、風化する味わいと言う物を持ち合わせた、和の伝統を感じさせる素材でもあるので、ここでは主にお手入れに注意しなければならない化繊生地について話を進めたいと思います。

ターポリンで制作された横断幕

ターポリンで作成された横断幕は、まず保管される際、折りたたむ事は出来ません。プリント印刷されているインクが剥がれてしまう可能性、生地が硬化して破れてしまう可能性も出てきます。その為、保管する際はポスターを保管する様に、丸めてしまう様にして下さい。また置いておく場所としては、日陰で風通しの良い所が最適です。

またターポリンで制作された横断幕は、洗濯をする事が出来ませんので、もし汚れが気になってしまう場合は、柔らかい布を濡らし、拭き取る様にして下さい。その際も無理に力を入れず、軽く拭き取る様にして下さい。

ターポリンで製作された、オリジナル横断幕の汚れがあまりに酷い場合は、漂白成分の入っていない中性洗剤を軽く付け、上記の方法で優しく拭き取る様にして汚れを落として下さい。

なお、雨に打たれた場合は、濡れたままにせずに、柔らかい布で水分を完全に拭き取り、完全に乾いてから収納保管をする様にして下さい。ただし、ターポリン生地で作成された横幕は、水を弾く素材なので、雨天時の設置も苦にする事はありません。


通販専門店である当店では、格安高品質のターポリン生地での横断幕製作から、激安な高級素材シャークスキンやトロマットまで、お客様のこだわりを再現できる特注オーダー横幕の作成販売を承っております。宜しくお願い致します。