横断幕掲出のマナー

ここではご製作いただいた横断幕を掲出する際のマナーについてご紹介して参ります。

スタジアムなどでお使いになる場合でも、店舗の屋外広告などとしてお使いになる場合でも、大抵はそれぞれガイドラインが作成されておりますので、予めご確認いただくようお願い致します。

スタジアムなどでの掲出マナー

横断幕は、場内を活気付ける、そして選手を勇気付ける必須のアイテムですが、サイズが大きく目立つため、他のお客様のご迷惑となるネガティブな側面もございます。

必ず掲出マナーを守っていただき、無用なトラブルを被らないようご注意下さいませ。

■所定の場所を必ず守る

各スタジアムのホームページ、もしくは当該スタジアムをホームグラウンドとして利用しているチームのホームページにおいて、大抵、横幕の掲出可能エリアが掲載されております。こちらは必ず守っていただくようお願い致します。

緊急時の避難導線を塞いだり、他のお客様のピッチへの視界を遮るような位置に設置しますと、大きなトラブルを生みかねません。

■所定の時間を必ず守る

Jリーグの試合会場などでは、横断幕を掲出するための時間を予め設けているところもございます。

ほとんどの場合、それは試合開始前に設定されています。

試合の途中における横断幕の掲出は他のお客様にとって、大変な迷惑となり得ますので、絶対に行わないようにして下さい。

■非常識な内容を掲載しない

当然のことではございますが、選手、監督、相手チームなどを誹謗中傷した内容を印刷した横断幕は掲出しないようにして下さい。不快に思われる方が多くいらっしゃいます。

その他にも、一般的な社会の道徳観念に適合していない内容、政治問題、広告宣伝などを記した横断幕の掲出は取りやめてください。

地方自治体が定める屋外広告物条例に従う

スーパーマーケットや飲食店などの宣伝として掲出する一般広告物には、そのサイズや設置場所に規定がある場合がございます。オリジナルプリント横断幕を掲出される際は、必ず事前に各地方自治体の条例をご確認下さいませ。

なお、ここでは屋外広告物条例の2つの目的について簡単にご紹介して参ります。

■良好な景観の保持

当店の激安横断幕も、一般的に100cm×400cm程の大きなサイズで制作されます。むやみに取り付けられますと、街の素敵な景観が台無しになってしまう恐れがございます。

この点を防ぐために、大きさや設置位置に規制をかけていることがございます。

また、歴史的な街や観光地などでは、一部広告物を全面禁止する地域があるなど、厳しい規定を設けている地域もございます。必ず予め確認していただくようお願い致します。

■公衆の安全の保持

看板の崩落事故など、屋外広告物による障害事故は近年も起こっています。これを抑止するため、大きさや設置位置に規制をかけていることがございます。

当店の格安横断幕も、サイズが大きいため、幹線道路などに飛ばされたりすれば大惨事を招くこともございます。条例を守るとともに、しっかりと日々のメンテナンスも行って頂くようお願いしております。