横断幕の耐久性

横断幕の耐久性を考える

横断幕の耐久性は、素材、環境、補強などからある程度計算する事が出来ます。特に設置環境に適した作成をしなければ、折角のオリジナル横幕が寿命の短い何とも残念な物となってしまう可能性があります。

その為、設置環境については、事前にきちんと調べて、制作を始めるべきであると思います。

強風による横断幕の影響

横断幕の耐久性を下げる物として、まず風と言う物が挙げられます。強風が吹きつけるような設置環境では、普通に製作されたオリジナルの横幕は、劣化を早めてしまったり、設置中に破れてしまう可能性もあります。

こうした事を防ぐ為には、まず強風が吹く可能性について、事前に知っておく必要があります。

例えば、周りに何も風除けとなる建物がない場所や高い位置での設置などでは、特注作成された横断幕が強風を受ける可能性は高くなるので、事前に製作オーダーする際には、当店スタッフに御相談頂く事で、最適な格安プランをご提案させて頂きます。

設置環境による横断幕の影響

横断幕の耐久度を下げる物として、二つ目に設置環境を挙げます。設置すると言う意味では、全般的に当てはまる事ですが、先ほどとは逆に、ビルに囲まれた場所に掲揚する際は、固定しているロープやオリジナル横幕自体が壁にぶつかり、擦れ合ってしまう可能性が大きいです。擦れ合ってしまうと、当然、破損の原因となります。またプリントや印刷されたデザインが、削り取られる心配もございます。もちろん、この原因には風の力も大きいですが、もう一つ原因があります。

横断幕を設置する際、きちんと固定していない事や、作成する段階で十分な補強がなされていない事が考えられます。また、制作された素材が、軽量で風を通す為、強風が吹く場所の設置には最適なメッシュターポリンではない事も考えられます。

決して安い製作費ではないコストを掛けて横幕を作成するのですから、こうした事は事前に対応するべきだと思います。


当店では、お客様が設置される環境に最適な作成プランをご提案し、通販だからこそ出来る激安な価格で、個性的なプリントや印刷を施し、横断幕の制作から販売まで承っております。ご入り用の際は、ぜひ当店を宜しくお願い致します。